長崎市葉山・道ノ尾のにのみや歯科、口腔外科、岩屋中学校の向かいです。予約・相談は電話095-814-6171までどうぞ。

診療内容

診療内容

口内炎

 2016年9月7日に、NIB国際テレビに口内炎について取材を受け、夕方のエブリーで放映されました。口内炎で困っている方のために、当医院では、口内炎の患者さんにどんな治療をしているかを書きます。

 個数、期間、繰り返すか、繰り返すのは同じ場所かに着目して診断と治療をします。

●1個で、1ないし2週で自然に治るもの。初期のうちにステロイド軟こうを塗布すると痛みが減って、早く治ります。

●1ないし2週間、軟膏を塗っても治らないもの。歯牙や義歯の鋭縁が当たっていれば、その鋭縁を丸めます。

●糖尿病などの疾患で免疫能が低下しているため、口内炎が治らないもの。内科主治医に全身疾患をコントロールしてもらいます。炎症の度合いがひどいときは、抗生物質を飲んでもらいます。3週以上続いている場合、口内炎と見分けなくてはならないものに、口の中のがんがあります。触るとしこりがあります。自然に治ることはなく、徐々に大きくなります。大学病院に紹介し検査を受けてもらいます。

●複数で繰り返さないもの。やけどによる口内炎なら、本人が食事中にやけどをした自覚があります。ウイルス性口内炎は範囲が広く、とても痛いです。発熱を伴い、抗ウイルス薬が効きます。

●繰り返すもので、場所が決まっているものは、歯牙が当たっていないか、舌や頬を歯牙に当てる癖がないか調べます。

●3週ないし3か月おきにいろいろなところに、3ないし5個の口内炎を繰り返すときは、口腔内の悪玉菌が増え、悪玉菌の病原性が高くなっていると考えます。まずは、歯周初期治療を行い、口腔内プラーク中の歯周病菌の数を減らし、病原性を低くします。悪玉の細菌を減らし、善玉の細菌を増やすイメージです。2週おきに3か月間通院すると口内炎のできる頻度が減ってきます。

 口腔の乾燥や食いしばりも原因だと考えています。口呼吸は、口腔乾燥の原因になります。口腔の乾燥を防ぐために、口呼吸をやめて鼻呼吸をしてもらいます。唇を閉じて、歯は離して、舌は上あごにベターとくっつけます。鼻呼吸のコツをつかむために、あいうべ体操(みらいクリニック院長今井一彰)をお勧めしています。
 歯磨き粉の中のラウリル硫酸ナトリウムが口内炎の原因になっている方もいます。箱やチューブの裏に書いている成分の発泡剤のところに、ラウリル硫酸ナトリウムが書いてないものを選んでください。口内炎が繰り返しできているときは、歯磨き粉の変更から始めてもらっています。

 治療をしても治らないときは、1ないし2週の間隔で他の病気の可能性も含めて診断と治療を見直します。

平成28年9月13日改訂 

顎関節症

 顎関節症と思ったら読んでください。

 顎関節症とは、顎の関節に起きる足首のねんざや、あごを動かす筋肉におこる肩こりと考えています。

①顎関節の安静とは?
 ガムやハイチューを長時間かむのはあごの関節と筋肉には負担が大きすぎます。足で言うなら、ランニングのやり過ぎです。膝が痛ければしばらくランニングは休みますね。

 寝てテレビを見るとき、ソファの肘置きの上に片方のあごを置けば上半身や頭部の重さがあごにかかります。しかも、あごはずれています。関節は通常の位置にはないでしょう。あごの関節の頭は親指ほどの大きさしかありません。体を支える関節ではありません。

 頬杖も同様の理由であごの調子が悪い時はお勧めできません。
猫背などの悪い姿勢は下あごを後上方に行きやすくして、関節の靭帯を傷つけやすくします。

②スプリントは何のために使うのか?
 さらに積極的に安静にするには、夜間上の歯にマウスピースをはめて、あごの関節中に隙間を作ってやります。

 マウスピースも6週間を限度として使用して、その後2ないし3週かけて徐々にはずします。急に外すと、もとの症状がに戻ることがあるからです。その後口が開きにくければ自分でリハビリ(開口訓練)をしてもらいます。

③治療の期間は?
 症状が始まってからの期間と同じくらいかかります。
始まって1から3週であれば、生活習慣を変えて安静にするだけで治ることが多いです。

 3週から3か月以内であれば、生活習慣の変更とスプリントの使用(6週間が目安)を同時に開始します。スプリントは通常歯によって特定の部分が擦れてきますので1週間ごとに調整して、あごの筋肉がリラックスできる位置を探します。痛みが取れたらリハビリをして口をもとのように大きく開けれるようにストレッチします。このストレッチは来院してもらい数回指導します。間違った方法だと、かえって痛みが出ます。

 3か月以上6か月でも同様にしますが、時間が長くかかるでしょう。
6か月以上の方はなぜそこまで放置できたのか?なぜに気になるのかを聞きながら、ゴールを一緒に考えます。
これでも改善しないときは、関節の骨の病気や筋肉の腱が広がって筋が伸びにくくなってるかもしれません。他の病気を否定するためにMRIの検査や大学への紹介をお勧めしています。

④再び痛くなったり口が開かなくなったりしますか?
 一度ぎっくり腰をした人は、用心したり、なりそうなときはわかってきたりして無理をしません。なったとしても、すぐに対処するので、初めのころのように長引くことがなくなります。なりにくくするための腰痛体操にあたるのが、歯周病や虫歯の予防と口の周りの筋肉のストレッチと考えます。姿勢を良くして、適度なウォーキングをして、体幹の筋肉を衰えさせないことも大切と思います。

少しは安心できたでしょうか?
まだ不安な方は、ぜひ連絡ください。
095-814-6171電話で予約をお待ちしております。

平成26年8月6日更新

歯科の麻酔

痛くないように麻酔をするために・・・。

 麻酔の注射に先立ち、針を刺すところ、多くは頬と歯ぐきの間のくぼんだ所に表面麻酔の塗り薬を塗ります。

 歯科の注射の針はとても細いです。以前より痛くないのは、以前より針が細くなったからです。それでも、あらかじめ塗り薬で針を刺すところをしびれさせ、針を刺す痛みをなくします。塗り薬を塗った後、「これだけですか」と聞かれることがあります。塗り薬だけで麻酔は終わりません。塗り薬は始まりです。ご安心ください。

 麻酔の薬は1ccから2cc使います。昔は一度に一気に全部を注射していました。液体が組織を広げながら入っていくのでとても痛かったです。今は、3ないし4回に分けて、少しずつ麻酔の効いたところに薬液をゆっくり注入します。これで液体が入っていくときの痛みを少なくできます。量は少ないと思います。痛がらせないと、全体の麻酔の量が減らしても効きます。

 麻酔の注射の痛みを減らすために、患者さん本人ができること。息は止めない。大きく吸って、ゆっくり吐いてください。緊張により手足に入った力を抜く。疲れているとき体調の悪いときは歯科治療を避ける。

 麻酔しているときに痛かったら、遠慮なく左手を上げて教えてください。

平成26年8月6日更新

歯のけが

抜けた歯を元の位置に戻し将来にわたって使える歯にするために・・・。

 歯が抜けたら、根っこには触らないでください。汚れてなければ、口の中に入れるか元の位置にもどしてください。30分以内に歯科にお越し下さい。歯をもとの位置にもどして周囲の歯と接着剤でくっつけて、ギブス固定をします。

 汚れている時は根っこには触らず、頭をしっかり握って、水道水の水で軽く洗い流してください。冷えた牛乳パックがあればその中にいれたり、なければ自分の口の中に入れてください。舌の下かほほの内側にそっと入れておいて下さい。30分以内に元の位置にもどせたら歯が使える可能性が高いことが知られています。

 根っこが完成していれば、のちに神経がある部分を掃除します。

 歯が欠けたときは、あれば歯のかけらをお持ち下さい。神経が露出している時は感染が生じる前に神経の露出した面を消毒してそっと保護すると神経が残る可能性があります。神経をとっても歯は残りますが、残した方が歯の寿命は長いです。
平成26年12月30日作成

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional